ヨーロッパ情報

ヨーロッパ 新着ニュース

【2018/01/17】スペイン、セビーヤの春祭り

2018/1/17


スペインの春は多くの祭りで明けます。その中でも一段と華やかでスペインのイメージを代表する祭りが、スペイン三大祭の一つ 『 セビーヤの春祭り 』 です。
例年、「聖週間」が終了し一段落付いた時期に開催されますが、聖週間が厳かな宗教祭であるのに対し、春祭りは純粋に庶民の祭りです。 150年程前からセビーヤで大規模に開かれていた牧畜市に端を発します。数日続く牧畜市に参加する為、会場には市場関係者のテント小屋が多く建ち、家族共々そこで寝泊りしていました。それが年を経るにつれ、食べたり、踊ったり、ゲームを楽しんだりして時間を過ごす様になり、これが更に発展し、牛馬の方は二の次に娯楽に興じる事が主になってしまったのが現在の祭りの原型です。
今日では、祭りの会場となる大通りに何百というテント小屋が軒を並べ、昼中の会場近辺には馬上姿も凛々しい男性が、水玉模様も鮮やかな民族衣装の女性を後ろに乗せパレードする光景も観られます。 フリルたっぷりの衣装は非常に華やかで、セビーヤ女性は老若関係なく この日を待ちわび、街に繰出します。
夕刻、祭りの主会場は 一旦 ラ・マエストランサ闘牛場へ移り、花形闘牛士達は晴れの舞台に挑みます。人々は闘牛士の妙技に酔いしれ、熱気はそのまま、再び祭りの会場へと流れて行きます。イルミネーションで飾られたテント村は光の海と化し、テントの中ではフラメンコ音楽が鳴り響き、人々は夜が更けるのも忘れ、飲み、歌い、騒ぎ、陽気なスペイン気質を大いに発揮するのです。

会場 :セビーヤ市内
春祭り会場はセビーヤ市内中心部からグアダルキビル川を渡った、ロス・レメディオス地区の隣にあります。
会場内は祭会場、遊園地を含む催し物会場、20,000 台収容可能な駐車場の3つに大きく分けられます。祭会場になる区域にはカセタ (CASETA)と呼ばれるテント小屋が並びますが、年々その数は増え続け、昨年は1051のカセタが登録されています。その大部分は家族や仲間同士で参加しているものですが、中には各行政区登録のカセタや一般客入場自由のカセタなども設置されていますので一般の観光客も楽しむ事が出来ます。
又、会場内には消防署・病院・警察の駐在所の他、インフォメーションセンターも設けられます。

◆開催日:2018年4月15日〜21日

※情報提供:スペイン政府観光局
※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用

*セビーリャに行ける当社のツアーはこちらをクリック☆
 スペインの他の都市が気になる方はこちらもご覧下さい!
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!

【2018/01/16】ダブリン、セントパトリックス祭

2018/1/16


3月17日のセント・パトリックス・デー(St. Patrick's Day)はアイルランド最大のお祭り。アイルランド全土でフェスティバルが開催されますが、ダブリンでは3月16日から4日間、さまざまなパフォーマンス、ダンス、音楽などが催されます。メインイベントのパレードは3月17日正午から。ぜひ緑色のものを身につけてお楽しみください!

*パレードではグリーンが中心的な色です。これは、アイルランドではグリーンは希望と自然、そして春の訪れを表すからです。

◆開催期間:
フェスティバル:2018年3月15日〜19日
セント・パトリックス・デー・パレード:2018年3月17日

※情報提供:アイルランド政府観光庁
※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用

*ダブリンに行ける当社のツアーはこちらをクリック!
 アイルランドの他の都市が気になる方はこちらもご覧下さい!
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!

【2018/01/12】イタリアの花祭り、インフィオラータ

2018/1/12


 ウンブリア州の小さな中世の街スペッロ。州都ペルージャからなら電車で約20分。今年も初夏を彩るインフィオラータ、花祭りが開催されます!

場所:街中の各スポット
 小さな中世の街がその魅力をパワーアップさせる特別な期間。

≪予定プログラム≫
2018年6月1日金曜日:飾り付け
2018年6月2日土曜日&3日日曜日:完成・お披露目
期間中、街のレストランでは花祭りにまつわる様々なメニューが提供されます。

≪アクセス≫
 最寄空港としてはペルージャ空港あり(ヨーロッパ各地からアクセスの場合)。
 ローマ滞在中の場合は、トレニタリア社列車が便利。

◆開催日:2018年6月2日・3日

※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用
※情報提供:イタリア政府観光局

*イタリアに行ける当社のツアーはこちらをクリック★
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!